月別アーカイブ: 2014年10月

メーカーって何?

 

包丁には銘(メイ)、つまりブランド名が入っています。

しかしながら、一部のメーカーを除いて

ほとんどの有名メーカーは製造工場を所有していません。

 

特に和包丁の業界は昔から分業化されていて、

鍛造から研磨までの一貫生産をすることはほとんどありません。

銘を入れることすらせず、

製造工程に全く係わっていないメーカーがほとんどです。

 

では、メーカーとは何なのでしょう?

 

当店ではオリジナル商品に

研晴(とぎはる)」というブランド名を使用しています。

かまた商品 VG-1

 

 

 

 

 

これらの商品は私がお客様のニーズに合うよう企画し

それを信頼の置ける製造者に依頼して出来上がった包丁を

更に1丁1丁手作業で仕上げを掛けたものです。

 

ですから作業工程としては

最終段階の研ぎ上げに携わっているだけといえます。

 

しかしながらその作業によって

商品の最終チェックができるのです。

 

それは大変に手間の掛かる作業ですが

結果としてお客様の信頼を得る最良の手段だと考えます。

 

私がアドバイザーを務めていた

世界的に有名なドイツのメーカーでは

クオリティチェックが甘く

未だに私のメガネに叶うような

プロ用の商品があまりできていません。

 

というよりも、製造工程があまりに機械化されていて

職人の手を挟み修正する余地がないというべきでしょうか。

 

 

購入者は包丁のマークを信頼して購入します。

つまり、銘とは保証書、メーカーとは保証人と言えるのではないでしょうか?

 

人気が高まって大量に生産することで

ブランドだけが一人歩きしている商品は

包丁だけではありませんが・・・。

 

 

かっぱ橋道具まつり開幕!

 

秋の恒例行事となりました

かっぱ橋道具まつり」が本日開幕しました。

2014100709360000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

今年のかっぱ橋道具まつりのメインテーマは「和」。

ということで、メインイベントは

北海道根室の「サンマ試食会」となりました。

2014100318140000.jpg

 

 

 

 

 

日本の秋の味覚の代表にサンマを挙げない人はいないでしょう。

今年は不漁が続いていましたが

ここにきてやっと、さんま漁も好調のようです。

 

台風19号の接近が気になるところですが

是非、この機会にかっぱ橋道具街にいらしてください。

 

13日(祝) 11時からスカイツリーの高さに因み

634尾の秋刀魚を無料試食していただけます。

但し、大震災被災地への義援金にもご協力くださいね。