タグ別アーカイブ: 蕎麦屋

今日は冬至

 

 

冬至といえばカボチャ柚子湯ですが

昼に行きつけの蕎麦屋では

手打ち天付きが柚子仕立てです。

2016121712250000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

柚子塩をかけて蕎麦を味わい

最後にゆず湯のサービス付き。

2016121712190000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、こちらは夜だけ営業する蕎麦屋すだちそば

2016112220510000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

意外にも冷たいかけそばです。

 

牡蠣味噌煮込みうどん

 

 

めっきり寒くなってきたが

こんな時はあったまるものが一番!

 

牡蠣味噌煮込みうどん」最高です。

2016111912160000.jpg

 

 

 

 

 

2016111912300000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

先日は仕方なく入った蕎麦屋でセット物を頼んだら

長時間待たされ

約束の時間に間に合わなくなったので

付け合せのミニかけそばだけ食べて920円払って出てきたが

こんなに高くてまずいそばは初めて食べた。

 

「いっぱい食わされた!」ってこのことか?

 

とまと蕎麦

 

 

変り種そばの話題をもうひとつ・・・。

 

いつも昼時に行く近所の蕎麦屋

この夏「とまと蕎麦」出現!

2016091011550000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

これもイタリア風だけど

ゆず胡椒がサッパリとした蕎麦らしさを引き出している。

2016091012040000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

ただ、まるごとトマトは「?」

 

完熟でないので崩すこともできず

ひたすらかぶりつくしかない。

 

バジルそば

 

 

昼時に雷門近くの銀行まで行くときは

帰りがけにチェーン店のカフェ

昼食を済ませてしまう。

 

そこのバジルとアボガドの生パスタが結構気に入って

よく食べていたのだが

行きつけの蕎麦屋で変わったメニューが登場した。

 

バジルそば

2016090821080001.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

ここは単なる蕎麦屋ではなく

手の込んだ和食を提供してくれる貴重な店で

夜遅くまで営業してくれるので重宝している。

 

その「バジルそば」は和食とイタリアンが融合した

不思議な感覚が味わえる。

 

やはり本命は「辛味だいこん」だけど

一度は食す価値あり。

「そうめん」と「ひやむぎ」

 

 

昼食時に頻繁に行く近所の蕎麦屋さんで

麺好きの人のためのおもしろ話」という

蕎麦屋さんの組合で出している

パンフレットを見つけました。

2014081021240000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

これが結構面白く

気短の私にとってはオーダーが出てくるまでの

ちょうど良い暇つぶしです。

 

季節柄、その中からひとつご紹介をさせていただきます。

 

そうめん」と「ひやむぎ」は

単に太さの違いだと思っていましたら

本来、作り方も違っていたそうです。

 

そうめん」は油を塗りながら

手で細く長く延ばして作る「手延べ麺

 

ひやむぎ」は麺棒で薄く打ち延ばしてから

包丁で細く切る「手打ち麺」でしたが

 

明治時代に製麺機が使われるようになってから

手延べの「ひやむぎ」なども登場し

現在では麺の太さで区別されているのだそうです。

 

 

フェイスブックと鯵

 

最近はかっぱ橋道具街

総務委員長としての仕事が多忙で

自分の会社の仕事をしている暇がありません。

今日もお昼に組合事務所で総務財務委員会、

夜は平成26年度の総会です。

 

そんな訳で

ブログを更新する暇もありませんが

先週は

組合の広告宣伝委員会が開催している

フェイスブックの講習会に出席してきました。

 

従来からかっぱ橋道具街ホームページはありましたが

最近、フェイスブックページができて

よりタイムリーな情報発信ができるようになり

買い物にいらっしゃるお客様の

お役に立てれば幸いです。

 

とは言え、

フェイスブックを利用している組合員は

まだ僅かですので

広告宣伝委員会が

先月から講習会を開いているのです。

 

私も早速、個人アカウントの登録をしましたが

実名だけに運用は慎重になってしまいます。

 

講習会では役員会とは違って食事が用意されていないので

終了後、行きつけの寿司屋で食事をしました。

 

浅草には寿司屋天麩羅屋、蕎麦屋、鰻屋

何でもおいしいお店がいっぱいありますが

それらの紹介は後日として

 

その時のおすすめでした。

肉厚で適度に脂がのっていて最高でした。

2014052320130000.jpg

 

 

 

 

 

はなぜ

偏に参と書くかご存知ですか?

 

旧暦三月ごろから

美味しくなるからだそうです。

 

だけでなく

話のネタもいただいてきました。