KAMATA

2016.03.25

永久保障


某有名包丁メーカーが無責任に研磨永久無料保障と称して

カタログ販売した包丁の研ぎを請け負っている。

包丁メーカーが研磨を拒否した為に

販売した通販会社が困って依頼してきたのだが、

そんな無責任な保障などできるはずがないのは

包丁メーカーなら判っていたはずだ。

包丁は研ぎ続ければ幅が狭くなり

刃肉が厚くなって丁寧に研ぎ直そうと思えば

厚みを落とす作業が必要になり益々手間が掛かる。

そんな安易な保障などできる訳はないのである。

そんな無責任な包丁メーカーを信じて販売してしまった

通販会社は気の毒である。

研ぎに限らず、安易な長期保障などは

眉に唾をして聞いたほうがいい。

「何十年も研がずに使用できます。」なんて

包丁の切れ味に対する感覚は個人差があるから

いくらでも逃げ道があるので要注意だ。

そんな金属があったら

飛行機も新幹線も定期点検など必要ない。

                         2016年3月25日から復刻

オンラインショップ