KAMATA

採用情報
包丁の種類

先丸蛸引

「先丸蛸引(さきまるたこひき)」は、刺身を扱う際に使用する包丁の一種です。魚を解体し、皮を剥いだり切り身にしたりするのに適した包丁です。 先丸蛸引の特徴は以下の通りです: 丸い先端: 刃…
包丁の種類

骨スキ包丁

「骨スキ包丁」は、骨を切り取るために使用される包丁の一種です。一般的には、丸鳥や魚などの大きな骨を処理する際に用いられます。骨スキ包丁は、その名前の通り、骨の周囲を切り取る作業に特化しており、通常の…
包丁の種類

セラミック包丁

セラミック包丁は、一般的な金属製の包丁とは異なる素材や特性を持つ特殊な包丁の一種です。以下に、特徴をいくつか挙げてみましょう。 刃の素材: セラミック包丁の刃は、通常、高硬度のセラミック製です…
包丁の種類

スライサー

スライサーは、薄くて細身の刃を持つ包丁のことを指します。これは、特に切りものや細かい作業に向いている包丁です。野菜や魚、肉など、さまざまな食材を繊細かつ正確に切り分けるのに適しています。 スラ…
包丁の種類

江戸裂き

江戸裂きは、うなぎを切り分けるために使われる包丁の一種です。通常は「うなぎ裂き包丁」とも呼ばれます。この包丁は、うなぎの特有の骨構造に対応するために設計されており、うなぎの蒲焼きや特定の調理法におい…
包丁の種類

鱧切包丁

「鱧切包丁(はもりきりぼうちょう)」は、日本の伝統的な刃物で、主に鱧(はも、クエ)と呼ばれる魚を切るために使われる包丁のことを指します。鱧は、日本の料理文化において高級で美味しい魚とされており、その…
包丁の種類

柳刃包丁

柳刃包丁(やなぎばぼうちょう)は、日本の伝統的な包丁の一種で、その名前は刃が柳の葉のように細長く優雅な形状を持っていることに由来しています。柳刃包丁は、魚を薄く切るのに適しています。 柳刃包丁…
包丁の種類

麺切包丁

麺切包丁(めんきりぼうちょう)は、主に麺を切るために用いられる包丁です。日本の伝統的な料理において、特に蕎麦やうどん等の麺類を切るのに使われます。一般的な包丁とは形状が異なり、専用の機能を持っていま…
包丁の種類

中華包丁

中華包丁(ちゅうかぼうちょう)は、中国の伝統的な料理において使用される包丁であり、日本や他の国でも一般的に利用されています。一般的には日本の料理に用いられる菜切包丁とは異なる特徴を持っています。 …
包丁の種類

菜切包丁

菜切包丁(なきりぼうちょう)は、日本の料理において主に野菜を切るために用いられる包丁です。その名前からも分かる通り、「菜」は野菜、「切」は切るという意味があります。一般的には、野菜や果物を切ったり、…
1 2