KAMATA

採用情報
用語

霞仕上げ

霞仕上げ(かすみじあげ)は、包丁や刃物の刃に特有の模様を施す研磨技術の一つです。この技術は、日本の伝統的な刃物製作においてよく見られます。霞仕上げによって、美しい模様が刃に浮かび上がり、刃物に独特の…
用語

裏すき

和包丁のもう一つの特徴として刃の裏面が完全な平面ではなく、窪んだ状態になっています。これを裏スキと言い、職人の間では裏比を呼ぶことも有ります。この裏スキは和包丁にさまざまな効果をもたらせてくれる、非…
用語

本鍛造

「本鍛造(ほんたんぞう)」は、包丁や刃物を作る際に用いられる伝統的な鍛造技術の一つです。この技術は、刃物の刃部分を作る際に使用され、刃の強度や切れ味を向上させるために重要な役割を果たします。 …
用語

水本焼

「水本焼(みずほんやき)」は、日本の刃物製造の伝統的な技術であり、特に包丁や刃物の鍛造において重要な役割を果たしています。この技術は、刃物の刃部分を作る際に用いられ、高品質な刃物を生み出すための方法…
用語

刃付け

刃付け(はづけ)は、包丁や刃物の刃部分を鋭利に研ぐ作業を指します。包丁の切れ味を良くするためには、定期的な刃付けが必要です。刃付けは包丁の性能を最大限に引き出し、効率的な料理作業を可能にするために重…
用語

刃渡り

刃渡り(はわたり)は、包丁や刃物の刃部分の長さを指す用語です。具体的には、刃の鋭利な部分の先端から刃の根元までの距離を指します。刃渡りの長さは、包丁の用途や目的によって異なる設計が行われます。 …
用語

研磨

包丁の研磨とは、包丁の刃先を研ぎ上げて、切れ味を回復させる作業のことを指します。包丁は使用するうちに切れ味が落ちていきますが、研磨によって再び鋭い切れ味を取り戻すことができます。 包丁の研磨に…
用語

硬度

包丁の硬度とは、包丁の刃先の硬さを表す数値です。硬度は、包丁の刃先がどれだけ耐久性や切れ味を持っているかを示す指標として重要な要素の一つです。 硬度は通常、Rockwell Cスケールで測定さ…