KAMATA

採用情報
柄材

ウォルナット

ウォルナット(くるみの木)は包丁の柄材として使われることがある木材で、その特徴は以下の通りです: 美しい木目: ウォルナットは特有の深い茶色から黒褐色の木目があり、非常に美しい外観を持っていま…
柄材

鉄刀木

「鉄刀木(タガヤサン)」は、包丁の柄材として使われる木材の一種です。以下は、鉄刀木の特徴です: 硬度と耐久性: 鉄刀木は比較的硬く、強度があります。これにより、包丁の柄として使われる際に、割れ…
包丁の種類

柳刃包丁

柳刃包丁(やなぎばぼうちょう)は、日本の伝統的な包丁の一種で、その名前は刃が柳の葉のように細長く優雅な形状を持っていることに由来しています。柳刃包丁は、魚を薄く切るのに適しています。 柳刃包丁…
包丁の種類

麺切包丁

麺切包丁(めんきりぼうちょう)は、主に麺を切るために用いられる包丁です。日本の伝統的な料理において、特に蕎麦やうどん等の麺類を切るのに使われます。一般的な包丁とは形状が異なり、専用の機能を持っていま…
用語

霞仕上げ

霞仕上げ(かすみじあげ)は、包丁や刃物の刃に特有の模様を施す研磨技術の一つです。この技術は、日本の伝統的な刃物製作においてよく見られます。霞仕上げによって、美しい模様が刃に浮かび上がり、刃物に独特の…
用語

裏すき

和包丁のもう一つの特徴として刃の裏面が完全な平面ではなく、窪んだ状態になっています。これを裏スキと言い、職人の間では裏比を呼ぶことも有ります。この裏スキは和包丁にさまざまな効果をもたらせてくれる、非…
柄材

強化木

強化木(リーチ、リッチ)は、自然木に合成樹脂や加圧処理を施して耐久性を高めた素材です。その特徴は次のとおりです: 耐久性: 強化木は自然木に比べて非常に耐久性が高いです。加工や合成処理により、…
柄材

朴木

朴木(ほおぎ)は、包丁や刃物の柄材として使われることがあります。その特徴は次のようなものです: 耐久性と硬度: 朴木は硬くて耐久性に優れた木材であり、包丁の柄に使用すると長持ちします。使い込む…
鋼材

VG10

VG10は、高品質な包丁や刃物の鋼材として広く知られており、その特徴は次のとおりです: 耐久性と硬度: VG10は、非常に高い硬度を持つ鋼材です。これは包丁の刃の長期的な切れ味を保つために重要…
鋼材

白紙

「白紙(しろがみ)」は、日本の伝統的な刃物製造において使用される鋼材の一つで、特有の特徴を持っています。 白紙の主な特徴は以下の通りです: 高純度な炭素鋼: 白紙は非常に高い純度の炭素鋼…
1 2 3 4 5