KAMATA

採用情報
包丁の種類

切付包丁

「切付包丁(きりつけぼうちょう)」は、特に日本料理で使用される包丁の一種です。切付包丁は、その独特な形状と用途から、特定の調理作業に適しています。主に野菜のカットや、細かい作業に使われることが多いで…
包丁の種類

身卸包丁

「身卸包丁(みおろしぼうちょう)」は、魚をおろすために特化した包丁の一種です。この包丁は、特に魚の身を三枚おろしや五枚おろしにする際に使われます。身卸包丁は、魚の骨に沿って身をきれいに切り分けるため…
用語

しのぎ

「しのぎ(鎬)」は、包丁や日本刀などの刃物に関する専門用語で、刃の形状の一部を指します。具体的には、刃の厚みの変化が生じる部分で、刃の平面と切先(刃先)との境界部分です。 しのぎの特徴や役割に…
用語

地あい

「地あい(じあい)」は、包丁や日本刀などの刃物に関する専門用語で、刃物の地金(じがね)部分の状態や質感を指す言葉です。「地」とは、刃物の中核部分に使用される鋼材のことを指し、「あい」はその質感や見た…
包丁の種類

先丸蛸引

「先丸蛸引(さきまるたこひき)」は、刺身を扱う際に使用する包丁の一種です。魚を解体し、皮を剥いだり切り身にしたりするのに適した包丁です。 先丸蛸引の特徴は以下の通りです: 丸い先端: 刃…
包丁の種類

骨スキ包丁

「骨スキ包丁」は、骨を切り取るために使用される包丁の一種です。一般的には、丸鳥や魚などの大きな骨を処理する際に用いられます。骨スキ包丁は、その名前の通り、骨の周囲を切り取る作業に特化しており、通常の…
用語

口輪

「口輪(くちわ)」は、包丁の柄と刃のつなぎ目にある、金属製の輪状の部品を指します。口輪は、包丁の柄と刃をしっかりと固定し、安定感を与える役割を果たしています。 口輪の主な特徴や役割について以下…
用語

安来鋼

「安来鋼(やすぎはがね)」は、日本の鋼材の一つで、包丁や刃物の製造に使用されることがあります。この鋼材は、島根県安来市(現在の安来町)で生産されることから「安来鋼」と呼ばれています。 安来鋼の…
包丁の種類

セラミック包丁

セラミック包丁は、一般的な金属製の包丁とは異なる素材や特性を持つ特殊な包丁の一種です。以下に、特徴をいくつか挙げてみましょう。 刃の素材: セラミック包丁の刃は、通常、高硬度のセラミック製です…
包丁の種類

スライサー

スライサーは、薄くて細身の刃を持つ包丁のことを指します。これは、特に切りものや細かい作業に向いている包丁です。野菜や魚、肉など、さまざまな食材を繊細かつ正確に切り分けるのに適しています。 スラ…
1 2 3 4 5 6