KAMATA

採用情報
包丁の種類

相出刃包丁

相出刃包丁(あいでばほうちょう)は、日本の伝統的な料理包丁の一種であり、特に寿司職人によって使用されることが多い包丁です。以下に相出刃包丁の特徴と用途について説明します。 刃の形状: 相出刃包…
包丁の種類

出刃包丁

出刃包丁(でばほうちょう)は、日本の伝統的な料理包丁の一種です。以下に出刃包丁の特徴や用途について説明します。 刃の形状: 出刃包丁は、代表的な片刃の和包丁です。刃の背が厚く、切先に向かって徐…
産地

新潟燕三条

新潟県燕市と三条市は、日本の中部地方に位置する地域で、包丁の産地としても知られています。以下に、新潟燕三条の特徴や包丁産業について説明します。 位置と交通: 新潟燕三条地域は、新潟県の中央部に…
産地

岐阜県関市

岐阜県関市(せきし)は、日本の中部地方に位置する市です。以下に、岐阜県関市の特徴や代表的な産業について説明します。 位置と交通: 岐阜県の南東部に位置し、岐阜市から南へ約20キロメートルの距離…
用具

中砥石

中砥石(なかといし)は、包丁の研磨作業で使用される砥石の一種です。中砥石は、荒砥石と仕上げ砥石の中間の砥粒の粒度を持ち、刃先の仕上げに適しています。以下に、中砥石の特徴と使い方を説明します。 …
用具

荒砥石

荒砥石(あらといし)は、包丁の研磨作業で使用される砥石の一種です。荒砥石は、砥粒が粗く、刃先を削ることに適しています。以下に、荒砥石の特徴と使い方を説明します。 特徴: 粗い砥粒: 荒砥…
用語

研磨

包丁の研磨とは、包丁の刃先を研ぎ上げて、切れ味を回復させる作業のことを指します。包丁は使用するうちに切れ味が落ちていきますが、研磨によって再び鋭い切れ味を取り戻すことができます。 包丁の研磨に…
用語

硬度

包丁の硬度とは、包丁の刃先の硬さを表す数値です。硬度は、包丁の刃先がどれだけ耐久性や切れ味を持っているかを示す指標として重要な要素の一つです。 硬度は通常、Rockwell Cスケールで測定さ…
柄材

赤合板

包丁の柄材に使用される赤合板は、日本の木材の一種であり、以下に特徴をいくつか紹介します。 耐久性が高い赤合板は、硬い木材のため、非常に耐久性が高く、折れたりひびが入ったりすることが少ないため、…
柄材

マホガニー

包丁の柄材に使用されるマホガニーは、硬く耐久性が高く、木目が美しい木材の一種です。以下に、マホガニーの特徴をいくつか紹介します。 硬く耐久性が高いマホガニーは、比較的硬い木材であり、そのため、…
1 2 3 4 5